毎回、季節の変わり目の肌荒れに悩んでる、、、

洗顔しただけなのに、肌がヒリヒリ赤くなる、、、
無添加化粧水でもしみる、、、
顔全体が痒くてついつい掻いてしまう、、、

 

 

季節の変わり目の肌荒れに悩む方は多いです。

 

 

これは季節の変わり目が自律神経やホルモンバランスを崩してしまう事が原因です。
細かくは、他にも原因はありますが、多くの場合、この2点です。

 

 

当サイトでは、
国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)の世界大会で最優秀賞4回・優秀賞2回

 

敏感肌用の特許取得

 

ディセンシア【アヤナス】トライアルセットをご紹介致します。
>>>詳細ページ

 

 

季節の変わり目の肌荒れ=敏感肌による乾燥

 

 

敏感肌とは、肌のバリヤ機能が下がってしまい、未熟で新しい肌がドンドン作られてしまう状態です。

 

さらに未熟な肌は外部から刺激を受けて、また次の未熟な肌を作ってしまいます。

 

 

この悪循環にハマってしまうと、常に弱い肌が紫外線や外部の刺激にさらされている事になるので
ちょっとした刺激でもピリピリ、ヒリヒリ痛痒くなってしまいます。

 

 

 

敏感肌で乾燥肌を繰り返すと、あっという間に老化する?

 

 

通常の肌と乾燥肌を比較すると、見た目年齢に11歳以上の差が出るとのデータがあります。

 

 

これは乾燥が細かいシワを作っていくためです。

 

 

また、敏感肌は、外部ダメージによって細かい炎症を繰り返し、

 

コラーゲンの破壊・ハリや弾力の低下を起こします。

 

 

ディセンシア【アヤナス】とは?

 

ポーラ化粧品・オルビスグループ開発。

 

 

脂性肌の方では使うことができないレベルの
徹底された敏感肌・乾燥肌用基礎化粧品です。

 

 

季節の変わり目に肌荒れを起こしやすくなるのは
アラサー世代と呼ばれる25歳〜34歳。

 

 

急激な乾燥は、同年代に比べて早い老化を招きます。

 

 

ディセンシア「アヤナス」は、世界的に認められたヴェールの特許技術を用いて、
敏感肌にもう1つのバリヤーを作ります。

 

 

このバリヤーが肌を守ってくれているウチに、本来の肌機能を復活させるのです。

 

 

アレルゲンブロックとも言われています。

 

 

多くの美容雑誌やファッション誌、敏感肌サイトでコスメ大賞を獲得。

 

 

70名の皮膚科も在籍している「スキンケア大学」でも
認定化粧品とされています。

 

 

アルコール・紫外線吸収剤・香料など、肌に刺激を与えるものは一切無配合。

 

 

※乾燥肌のみを対象として、世界基準の技術を使用しています。
オイリー肌の方はご遠慮ください。

 

 

  • 季節の変わり目で、急に今までの化粧品が合わなくなった、、、
  • とにかく敏感肌で乾燥、肌荒れがひどい、、、

 

 

このようなお悩みがある方は、一度、こちらを御覧ください。
>>>ディセンシア〜アヤナス詳細ページ

 

安価なトライアルセットではありますが、

 

30日間の全額返金保証が付いています。

 

開封、使用済みでも大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

季節の変わり目も美肌で乗り切る知識!

美肌のレシピ知識

効率よくビタミンを摂取し、肌の代謝を上げるためには温野菜で食べるのが効果的です。
野菜というと生野菜サラダを考えてしまう方が良いかと思います。

 

ですがサラダによく使われる色の薄い野菜は、ビタミン含む量が少ないのです。
物量的にも多くなってしまうため量食べることができません。

 

また生野菜は体を冷やし、血行不良や後の対処される形にもなってしまいます。
かぼちゃ、にんじん、ほうれん草などのビタミンの豊富な緑黄色野菜を加熱して温野菜すると、比較的たくさんのビタミンが摂取できます。なお体を冷やすこともありません。

 

淡色野菜300グラム、緑黄色野菜100グラムをいちにちの目安にして食事に取り入れることが良いでしょう。
また、炭水化物中心の食事を避けることも大切です。

 

毎日忙しく手っ取り早く食事を済ませていると、
ご飯やパン、麺類などの炭水化物中心の食品に頼りがちです。
炭水化物はエネルギー源としては欠かせませんが、栄養としては糖質の主になってしまいタンパク質やビタミン類等に必要な栄養をあまり含みません。

 

美肌を意識するのであれば炭水化物は控えめにして、
温野菜や肉や魚をきちんと取るようにしましょう。
こういったものをバランスよくとるのはずかしいので3食のバランスをとって考えるにしましょう。

 

肉や魚の主成分のタンパク質は、肌のハリを作ささえるコラーゲンの材料になります。
野菜などに合わせていちにち100グラム、毎日きちんと食べるようにしましょう。
カロリーが気になる場合は、豚バラ肉など脂身の多い肉は避けて、鶏のささみや白魚など油身の少ないもの食べましょう。

 

水分補給は大切ですが、たくさん飲めば良いというわけではありません。
水分の取りすぎは、代謝を悪くしてしまい、むくみの原因になってしまうことがあるのです。

 

冷たい水は体を冷やすので血行を悪くすることもあります。
水分補給には温かいハーブティーやそば茶、ハト麦茶のようなノンカフェインと飲み物お勧めです。
緑茶、紅茶、コーヒー、ウーロン茶などはカフェインをたくさん含みますので
体を冷やしたり睡眠リズムも狂わせたりすることにつながります。

 

 

 

季節の変わり目では、肌荒れはもちろん、いろいろな面で体に変調を起こしやすくなっています。
これは自律神経系・ホルモンバランスが深く関わってきます。
自律神経の異常では、直接的に作用することは少なく、間接的な肌荒れや内臓異常を招いていまいます。
ホルモンバランスが乱れることも自律神経に関わりを持っています。
季節の変わり目では精神的にも疲弊しやすく、ストレスにもなりやすい環境が少なくありません。
日頃から肌荒れには注意をしておられるかと思いますが、
それ以前に自律神経異常を招かない生活を意識することも必要かと思います。
今まで普通に使えていた化粧品が急激にあわなくなってピリピリ・ヒリヒリする。
こういった悩みで基礎化粧品選びで止まってしまう方は多いんです。
多くの方は、敏感肌用の化粧品でなんとか我慢している状態です。
そんな方に向けて、敏感肌でエイジングケアを行える主旨で開発されたのがディセンシアです。
ほとんどの敏感肌用化粧品は、敏感肌になる前に戻すのが目的です。
ですが、ディセンシアでは季節の変わり目の肌荒れ前よりもキレイにする!といった目的になります。
これは新しい事です。
肌に対する刺激は一切与えず、特許技術で外部刺激をシャットダウン。
安心して新しく強い肌を育む事が可能になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴